Yくんの誕生日をお祝いに米沢牛を食べようと提案したhacoです。

今回おじゃましたのは「米沢牛 黄木(おおき) 東京店」さんです(9月中旬のことです)。
haco家が大好きな米沢の湯の沢温泉「時の宿 すみれ」さんと同系列で、
同じようなお食事が楽しめるのではと、「米沢牛づくし」というコース仕立てのメニューを予約しました。

メインのお料理は、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキから選べます。
ただし、選ぶお料理によって金額は変わってきます。
今回は奮発して一番高いステーキコースをチョイス。ひとり7,500円(税込)でした。

場所は東京駅八重洲北口に広がる黒塀横丁内にあります。
予約したのは18時とあって、夕食にはまだ早いのか
到着した時は他にお客さまが誰もいらっしゃらない状態でした。
(その後どんどん増えていきました。
結構ひとりですき焼き食べている方もいらっしゃいました。
hacoも、今度”ひとりすき焼き”やってみたいな~)

 

CIMG7028

 

ここからはひと品ずつご紹介していきますね。

まず出されたのは「米沢直送寄せ豆腐 山形のだし添え」です。
山形の郷土料理からスタートで、なんだか旅気分を味わえます。
上品で、さっぱりとした味わいでした。

 

CIMG7030

 

次は「米沢牛冷しゃぶ 夏野菜添え」です。
ここで米沢牛登場!!

 

CIMG7032

ひとつの器に4つの料理が盛り付けられています。
右下から時計回りに
「本日の盛り合せ」←詳細は何だったか忘れてしまいました。
「米沢牛のしぐれ煮」
「米沢産そばの実とじゅんさいジュレ」
「米沢牛モモ肉の炙りポン酢」

CIMG7035

次に「米沢牛大トロ炙りとローストビーフ寿司」
これはすみれでも出される一品です。写真はふたり分です。
大トロの脂の照りがステキ

CIMG7042

そして「黄木伝統の味 米沢牛とも三角すみれ漬」と「旬菜スティック もろみそ」
すみれ漬とは、黄木さんオリジナルの味噌漬けで、
米沢牛のモモ肉を味噌と酒粕に漬け込み、米沢牛の旨みをひきだしています。
濃厚なおいしさに、白いご飯が食べたくなるメニューです。

CIMG7045

ここまで出されるお料理をガツガツ食べたせいか、食べ始めてから1時間も過ぎていません。
もっとゆっくり味わえばよかった~とちょっと後悔。

 

そうこうしているうちにメインの「サーロインステーキ」の登場です。
焼き方はふたりともミディアムで。わさびがよく合いました。

CIMG7049

〆は「米沢牛入り焼おにぎり」。お味噌汁と香の物も付いています。

CIMG7053

そして食後のデザートは「フルーツジュレ」です。
これ、おいしかった~\(^o^)/
いろいろなフルーツが入っていて、楽しめました。

CIMG7055

 

全体的においしかったのですが、食欲旺盛な男性ならちょっと量が少なく感じるかもです。
コースなのに早く食事が終わって、ちょっと気持ちの充足感もなかったかも・・・。
早く終わったのは、駅にあるお店だからってのも関係あるのかしらと思いながら帰ってきました。

 

やっぱりすみれに泊まって、目の前でシェフがお料理しているのを眺めながら
食べたいと思ったhacoなのでした。

 

(DATA)
米沢牛 黄木 東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口B1F 黒塀横丁内
電話番号:03-3201-2915
営業時間:11:00~23:00(LO22:00)
定休日:無休

hacoたちが食べたコースは17:00~21:00のご用意だそうです。