先週末、川越散策に出かけたhacoです。

CIMG5818
CIMG5815

川越は言わずと知れた”小江戸の町”。重厚な蔵や「時の鐘」などが並ぶレトロな街並みが魅力です。
この日は東武東上線の川越駅からスタートしました。
他にもJR川越線川越駅、東武東上線川越市駅、西武新宿線本川越駅が最寄り駅。
とはいえ、「蔵のまち」は駅から離れているので、バスを利用することに。

やっと着いたと思った頃はお昼時。お腹も空いてしまっていました。
ランチは「Mio Casalo(ミオ・カザロ)川越 蔵のまち」さんで。
こちらは、ブランド豚「小江戸黒豚」を生産している農家が営むお店。
1階は自家製ハムやソーセージの店舗で、2階はレストランになっています。

CIMG5824
hacoがいただいたのは、「ミオ・カザロプレート」1500円+地ビール「COEDO」650円。
プレートはいろいろな種類のハムやソーセージがドイツパンと一緒に味わえます。
やっぱりソーセージって、ビールとよく合いますよね。

菓子屋横丁でお土産を購入した後は、今日いちばんの目的地である「川越城本丸御殿」へ。
CIMG5851
決して城マニアではないのですが、各地を旅行するとけっこうお城って立ち寄るんですよね。
それで何となく「日本100名城」のスタンプを集めることになったhaco家。

CIMG5866CIMG5870
「川越城本丸御殿」受付でスタンプゲットしました。
とは言っても、まだ8個目。あと92か所と思うとちょっと気が遠くなります。

川越城は、扇谷上杉持朝が長禄元年(1457年)に太田道真・道灌父子に
命じて築城させたものだそうです。その後の詳細な歴史はここでは省略しますが、
寛永16年(1639年)に城主となった松平信綱は拡張整備を行い、本丸・二ノ丸・
三ノ丸・追手曲輪など3つの櫓、13の門からなる巨大城郭になったといいます。
しかしながら、現存しているのは本丸御殿の一部のみ。
大広間とか家老詰所とかだけなので、城というより、立派なお屋敷って感じでした。
ただし、本丸御殿が残っているのは逆に珍しいことみたいで、パンフレットによると
「東日本唯一の本丸御殿遺構」だそうです。

CIMG5833CIMG5836

川越城本丸御殿
川越市廓町2-13-1
049-222-5399(川越市立博物館)
開館9:00~17:00(入館は~16:30)
月曜休館(休日の場合は火曜休館)
入館料100円

 

川越城本丸御殿の次に喜多院を訪れ、本日の散歩は終了。
たいへんよく歩きました。